代表挨拶

01

CEO
Message

時代をリードする新しい価値を
提供し続け、
偉大な企業を目指します

創業の経緯


大学生の頃から「会社を作りたい」と考えていました。入学時はそこまで明確な目標はなく、様々なアルバイトをしながら、自分が何をやりたいのか真剣に考えるようになりました。アルバイトを通じて経営者の方と接する機会が多かったのですが、彼らが自分たちでビジネスの仕組みを作り価値を生み出している話を聞いて大きな刺激を受け、卒業後すぐに起業したのです。

私は秋田出身で、大学進学で京都に出てきました。都会には、帰国子女や留学生、社会人学生など様々な人がいて驚きましたね。そして、育ってきた環境の違いだけで、同級生との間にある種の「差」が生じていることを感じました。自分で選ぶことができない生まれ育ちの違いで差がついていることが悔しかったし、うらやましい気持ちもありました。

同時に、生まれ育った環境による影響は年齢を重ねるごとに小さくなり、人生においては、自分で決めて選んだことの重要性が増していくことにも気づきました。私も大学生のときに「後天的な努力」をがんばって、自分の決断と選択により起業し、今は経営者としてビジネスをしています。「どんな人にとっても後天的な努力で変えられる部分のサポートをしていきたい」という想いは、そのときの体験から生まれています。


事業について


人の学びと成長につながるビジネスをやりたいという気持ちが常にベースにあります。自分自身が好奇心旺盛で学ぶことが好きなので、教育・知識に関わることから始めました。オンライン辞書からスタートしたのは、小資本で始められるビジネスだったことも理由のひとつです。小さく始めて高速でPDCAを回し、勝ち筋が見えたところで一気にリソースを投入して拡大させる事業方針は、起業当時から変わっていません。

事業については、高い顧客満足・高い付加価値・ロングセラーであることを軸としています。私たちが社会に提供したい価値は不変ですが、価値提供の手段である事業は時代とともに移り変わっていきます。常に時代をリードしながらも、多くの人に長く愛されるサービスを生み出していきたい。お客様にとってはそこにあるのが当たり前で、気づいたらなくてはならないものになっている、そんな社会のインフラとなるようなサービスであることが理想です。


組織について


創業時から永く続く会社にしたいという強い想いがありました。50年100年と世代を越えて会社の核を受け継ぎながら、社会に価値を提供し続ける組織でありたいです。個人に与えられた時間は短くとも、企業では長い時間をかけ多くの人の手を借りながら、社会的使命を果たすことができます。永く続くためには、属人的ではない組織であることが重要です。科学的アプローチと仕組化で属人性を排し、チームワークによって組織の力を最大化できるように取り組んでいます。

現在は事業とともに組織も大きくなっていくフェーズにあります。2015年からスタートした新卒採用に加え、キャリア採用も積極的に行っています。GRASグループは理念を核として経営しているので、これから仲間となる方にも理念に共感してもらい、私たちの文化を継承していってもらえたら嬉しいですね。そしてフレッシュな視点で新しい事業を生み出していってほしい。新しい風で組織を活性化するとともに、年齢・性別・出身地などの生まれ育ちによらず、誰もが活躍するチャンスのある組織であり続けたいと思っています。


今後のビジョン


将来は大学を作りたいという夢を持っています。学生の9割は民間企業に就職するので、企業でキャリアを築くことを前提としたカリキュラムを作り、大学でそれぞれに最適な学びを提供できるようにしたいですね。GRASグループを退いた後にチャレンジしたいことのひとつです。

おかげさまでオンライン辞書サービスとオンライン英会話サービスは多くのお客様に愛用していただき、事業の大きな柱となりました。これからはより多くの領域で「人の可能性を高め、選択肢を広げる」という価値提供をしていきます。毎年150%成長を実現し、より多くの人のインフラとなるような長く愛されるサービスの創出を続け、偉大な企業へと歩んでまいります。

GRASグループ株式会社 代表取締役社長辻村 直也

02

More
Information

GRASグループについて